Our Story

Our Story

こんにちは!
SOL LUNAの代表、堀口と申します。

About usのページでも触れているように、SOL LUNAの商品はパーティーデコレーションの文化を持った国から来た、日本に住む日系ペルー人女性たちがすべてハンドメイドで作成しています。
商品の作製だけではなく、商品のデザインや企画も彼女たちが発案し、日本人スタッフと一緒にブランドを運営しています。

なぜ私たちはSOL LUNAというブランドを立ち上げたのか。
今回は私の過去を中心に、SOL LUNAのストーリーをお話しします。

人生の転機となった言葉



私は父親が日本人、母親がコロンビア人のダブルです。
スペイン語を話せることがきっかけで、大学時代は日本で暮らす「外国にルーツを持つ子どもたち」の母語教育や学習支援を行う活動をしていました。

ある日、学習支援教室で出会った9歳の子どもから

「なんで安奈ちゃんはママが外国人なのに大学に行けたの?」
「うちは家にお金もないし、私も勉強できないから行けないよ。」

という言葉を告げられます。この言葉を聞いた時、なんと返事をしたらいいのかわからず頭が真っ白になりました。


実は私も高校3年生の時に父親が病に倒れたことがきっかけで家庭の経済状況が悪化し、母親が仕事を3つ掛け持ちしたり、周りの大人たちから奨学金の情報をもらうなどのサポートがなければ、大学に進学することを諦めていたかもしれないという過去がありました。



9歳にして、すでに将来を諦め悲観している。

親が外国人であるから、自分がダブルだから、家が貧しいから…この子があの言葉を発するまでにどんな経験をしてきたのでしょうか。

子どもにこんなことを言わせてしまう環境を変えたいと思い、NPO法人での勤務や大学院での研究などを通じ、これまで8年間に渡り駆け抜けてきました。


「子どもには高校や大学に行ってほしい。でも、どうしたらいいのかわからない。」

親たちはみんな、子どものより良い未来のために勉強を続けてほしい。自分達は叶わなかったけれど、高校や大学に進んでほしいと願っていました。

けれど、高校や大学への進学は勉強だけではなく、複雑な受験のシステムや高額な学費を準備する必要があります。

システムが複雑でわからない。お金も厳しい。でも誰に相談すればいいかわからない。そんな当事者にたくさん出会ってきました。



現場で見てきたのは、子どもだけではなく、外国人の大人が抱えているしんどさでした。不安定な生活環境や経済状況、日本語の壁による社会からの孤立は、子どもたちの生活にも大きな影響を及ぼします。

子どもへの継続したサポートには、保護者とのつながりを持つこと、そして彼らの生活を安定させる必要があると気が付きました。

外国人、特により困難な状況に陥りやすい女性たちと関わり、サポートを通じて子どもたちの安定した生活につなげる。

SOL LUNAは上の経緯での思いをもとに、立ち上げたブランドです。

SOL LUNAのモットー”Te queremos ser feliz.”(あなたを幸せにした)には、「大切な人を思い、お祝いする」その温かい気持ちを応援したいという気持ちが込められています。

私たちは飾り付けアイテムを通してお客様の気持ちに寄り添いながら、困難な状況にある外国人女性たちのサポートを行っています。

SOL LUNAの飾り付けをきっかけに、外国人女性たちの存在や、彼女たちが大切にしている文化、そして素晴らしい技術について、少しでも知っていただけるきっかけとなれば幸いです。

SOL LUNA
FOUNDER /代表
堀口安奈
ブログに戻る